上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全体的には、多少突っ走り気味ではあったけど、それは初日の醍醐味と言う事で。

最前列と言う事もあって、目の前で繰り広げられる劇中での生着替えには目のやり場に正直困りました

あと、フェンシングのシーンも実際に剣を使っているので、一歩間違えば大怪我してしまうので、それもまたヒヤヒヤしたけど、沢山練習したんだろうな~と関心してしまうくらいの出来でした。

アラケン演じるジョエルとマツシン演じるエリックは、セリフも多ければ、動きも激しく、ものすごい汗をかいていました。
(袖に戻ったとき、汗を拭かなかったらしい)


◎それぞれの感想。

ジョエル(アラケン)
純粋すぎた為に狂気的になってしまったジョエル。
かなりハマリ役だったのではないかと思います。
なんてったって、あの目
殺気立たせたらNo.1です(笑)
セリフをまくし立てるシーンで、噛みはじめた時は、内心ヒヤヒヤしました。
あと、ポップコーンを食べながらしゃべるシーンで、床にこぼれたポップコーンを拾い上げて、ポケットとかに入れるかなー?とおもったら、

パクリ

…食べてしまった時(しかも2回)には、つい噴き出してしまいました


エリック(マツシン)
純粋ゆえ、父親の葬式で知った自分の不純な部分に罪悪感を持つ。
だからこそ、純粋そのもののジョエルに惹かれつつ、恨めしくもあったように見えました。
もう少し、自分嫌い感が感じれたら良かったような気もしました。
でも純粋さはピカイチ☆
あと、2回目の生着替えの時は、最初、サスペンダーをし忘れて、その後、前後を確認したにもかかわらず、ベストを前後ろで着てしまい、ちょいキレ気味な慎也くんがラブリーでした


スケリー(大沼くん)
出た出た!番長ちっくというか、ちょい悪学生!
やっぱりこういう役をやらせたらNo.1ですね~☆
端っこに座っていた私たちは、ドカドカ登場する度、ビクビクしてました
『飛行機雲』では野球、今回は『バレーボール』と、最近スポーツづいてるよね。
最後は恒例の腕まくりした制服姿が、何か良かった


ソープ先生(石飛さん)
最初、声が低かったから、男の人役かと思った。
男っぽい女教師、って設定だったのかな?
まあ、あれくらいの先生じゃないと、ジョエルたちを制する事はできないよね。
若い出演者の中でどっしり安定感を感じさせてくれました。
さすがです


そして、ルィーズ(隆太くん)
『Romeo&Juliet』のバルサザー、『飛行機雲』の喜多嶋準一と、男役が続いていたので、久しぶりの美少女役!(あ、ロミジュリでもロザラインやったけど…) 
顔にあざのあるゆえに、少し影のある役でした。
私の母が、全く同じような感じのあざがあるので、その大変さって言うのは多分人より解るかな。
というか、あざなんてあっても、それによって嫌う人ばかりじゃないっていうのが解るから、どちらかといえば、彼女を好きな彼らの気持ちが解るって言う方が近いかも。
自分がどれだけその顔に嫌悪感を持っているか、それを克服してきた努力みたいな感じが凄く伝わってきた。
あと、相変わらず素敵な身のこなしに勉強させられます。
座るときに、軽くスカートの中身が見えそうになって、変にドキドキしてしまいました


まとめとしては、若さあふれる舞台でした

FC2 Blog Ranking#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryujintan.blog89.fc2.com/tb.php/141-a20fe1c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。