上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝食を食べに行くのにKさんがお迎えに来てびっくり
いっぱい寝たから、調子も良さそうで、一安心です



ルマーンさんを含め、みんなでとる朝食は今日が初めてでした


朝食後は少しの休憩をはさんで、出発準備完了!
ルマーンさんが部屋で仕事中らしく、私たちは先にロビーへ行ってくつろぐ事に。

待ってる間、ホテルのドアマンが、民族衣装みたいなのを着ていたので、記念撮影会
その後、ホテルのお店をKさん親子が見学。
色々お世話になったと、大理石に天然石の細工が施してある小物入れと、息子へと、同じく大理石に天然石の細工がしてある象の置物を頂いちゃいました


ホテルをチェックアウトした後、KさんとCちゃんが行けなかったストーンクラフトのお店へ
2人ともとても嬉しそうでした

そして、ルマーンさんから、旅の記念にと、
大理石を彫って作られたリトル・タージマハールを頂きました!
(これ、超高いんだよ)


Kさんも少し気分がアゲアゲになったところで、デリーにむけてGO




道中何事もなく、本日宿泊予定のホテル"Shangrila Hotel"に到着

このホテル、すごいです

☆5つです

今まで泊まったホテルで1番かも!!
ホント、こんなトコ泊まっちゃっていいの!?ってくらい凄かった


部屋も入ってびっくり
ユニットバスがガラス張りで、ベッドから丸見え
まあ、ちゃんとロールカーテンありましたが

シャングリラ



どうせなら、ここで2泊したかった
と、贅沢な事を思ってみる




ロビーのカフェでお茶した後、部屋で少し休み、夜はルマーンさんが手配してくれたショーがあるというので、外出


行った場所は、"レッドフォート"という、赤レンガで出来た凄く大きな元、城塞。
入り口には軍人さんがいて、物々しい雰囲気。


中に入り、どんどんと奥の方へ歩いていくと、もう始まっているらしく音が聞こえる。

結構歩いて辿り着いた所は、客席が野外にあり、結構人もいた。
私たちは一番後方に座った。


前方には、神殿が舞台代わりなのか、照明が点いたり消えたり。

でも


声や音は聞こえるのに、人の姿が見えない。
聞いてみると、、なんと、


音と照明のミュージカルだとか!!
(このタイプのミュージカルは、インドではポピュラーな娯楽らしい)


しかもヒンドゥー語
…全く意味が解りませんが?


最初はめちゃくちゃつまらなくて、早く帰りたいな~って思ったんだけど、ものは考えよう

このシチュエーションを使って、全く違う物語を妄想すると、これが意外と面白かったり☆
いや、ホントはこんな風に楽しむのは、間違ってるんだけどね


最後は、ある意味貴重な体験が出来て、満足しちゃった


帰りに、ルマーンさんお勧めのレストランで、インド料理を食べようと思ったら、残念ながらお店がお休み


仕方なく、別のお店へ。
夕飯にありつけたのは、10時過ぎでした

インド料理って、私の地元には結構あるので、メニューとか食べ方とか知ってたんだけど、Kさん親子は食べたことがなかったらしい★
しかも、私の職場は、社長があっち方面の方なので、簡単な言葉だったら知ってたりするので、みんなびっくりしてました

ちなみに、知ってるのは、
「パニ(水)ピヨ(のむ)」
「カナ(ご飯)カオ(食べる)」
「チョロ(行く)」
「アジョ(来て)」
「チャピ(鍵)」
「シュークリア(ありがとう)」
という感じかな。
もし使う機会があれば、ご参考までに♪


ホテルに戻り、部屋も広し、やっぱりまだKさんが心配なので、娘さん2人は、Kさんと一緒の部屋で寝ることに。

広い部屋を独り占めでした


疲れもあったけど、Kさんの調子も特に問題なさそうだったのに安心して、ゆったりぐっすり、眠りにつきました
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryujintan.blog89.fc2.com/tb.php/78-7c0d8077
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。